FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、ジョンウヤ?!

   9月15日から19日まで、ハ・ジョンウ氏が来日しました。

したまちコメディ映画祭in台東でレッドカーペット&オープニング上映「国家代表!?」舞台挨拶、
および10月23日から公開される「国家代表!?」のプロモーションのためです。

ジョンウが来日とあって、一ファンとして大忙しの日々でした。

したコメHP


shitacome_top_1.jpg shitacome_opening_1.jpg

 


したまちコメディ映画祭in台東は9月15日が前夜祭で9月16?20日に開かれました。
韓国ニュースではジョンウが前夜祭から参加との記事もあったので、16日来日かと勝手に思っていました。
スケジュールチェック怠ってました。
後で見たら事務所のHPにちゃんと15日から19日日本訪問と書いてありました。
15日夜は結局都合が悪かったので、羽田お出迎えは無理だったんですが、やはり行きたかったです。

そこで折角空けてあった16日の午後は、羽田でJ君のお出迎えをして
したコメ会場の浅草公会堂へ行きました。
もちろん前夜祭にジョンウが現れるかもしれないとの下心で。


DSC_0053_2.jpg


この日は一日中雨でしたので、街はしっとり雨模様。
さすが観光客に愛される街です。風情があります。

DSC_0059_1_2.jpg


待ち合わせしたUさんと浅草公会堂の周りをうろうろするも、ジョンウがやってきそうな気配はなく、
中へ入っていくお客さんはヲタばかり。

これはどうも違うなあと思い切って公会堂にいた係員に
「今日、国家代表のキム・ヨンファ監督とハ・ジョンウさんは前夜祭にいらっしゃいますか?」と質問。

親切に対応していただき「本日出演の予定は一切ありません」とのこと。

あ?これで雨の中、長い間待つ必要はありません。
暮れかかる浅草の街を歩いて、浅草ビューホテルでお茶して、解散しました。

その後、東京国際フォーラムでシンスンフンのコンサートを楽しみました。


翌17日はいよいよ「したコメ」開催日です。
ジョンウファン一同、港区の某韓国料理店で昼食を摂りました。
仙台から我がチングLさんもわざわざ上京してくださいました。

またこれがとてもおいしかったです。

浅草へ移動して、雷門の観光客を横目に見ながら、そそくさと浅草公会堂前へ。
到着したのが午後2時ごろ。公会堂前のオレンジ通りはすでに半分交通規制がひかれていました。
右側はフェンスで囲まれ、レッドカーペット。
ふんふん、ここをジョンウが通るのね。
しかし道路の半分はまだ車が通っているので、フェンス脇で待つわけにはいけません。
待ちましたね、長時間。天気がよかったので暑かったです。

DSC_0069_2.jpg


その間、近くにいた方ともおしゃべり。
すごい映画ファンで国内の映画祭はすべて見て回っているとのこと。
小さな映画祭もこんなコアなファンに支えられているんですね。

いよいよ4時からレッドカーペットが始まりました。
私たちは浅草公会堂入り口近くに陣取りました。
ジンタ演奏や各映画の出演者などがゆっくりと通り過ぎていきます。
皆さん浅草雷門から人力車に乗り、浅草の街を練り歩いた後、レッドカーペットの入り口でインタビュー、写真撮影の後レッドカーペットを歩きます。
レスリングの浜口父娘が元気よく挨拶していきました。
なかでもコマドリ姉妹がしっかりした足取りでひとりひとりに握手しながら会釈をしていかれたのには感動しました。

道の向こう側に目をやると、見慣れたお顔が!
通訳でおなじみの根本理恵先生です。
この映画の翻訳もなさっていますが、今日はジョンウの通訳ですね。
もうすぐジョンウが現れるはずと、心ウキウキします。

さらに向こう側から黒尽くめ軍団が歩いてきます。
その中のひとりは恰幅のいい、特殊な髪型をした男性!
この方こそ、うわさに聞いていたジョンウのマネージャーですね。
一目でわかっちゃいました。
さあ、ジョンウの到着目前だ。

5時15分ころ、レッドカーペット最後の登場者としてジョンウとキム・ヨンファ監督が入り口に現れました。
やっぱり人力車に乗っています。
遠くて小さくてよく見えないけど、サングラスかけているのはジョンウです!
ああ、ついにジョンウに会える?!
なんだか目頭が熱くなってきました。
だって去年はジョンウに会いに2回もソウルへいったのに、
「ボート/ ノーボーイズ・ノークライ」の韓国舞台挨拶は大統領が亡くなったため中止になり、
「国家代表」の舞台挨拶は、ジョンウが「ボート」の宣伝のため来日し、ジョンウ抜きになってしまいました。
今回、やっとのことで初めてジョンウに会うんですもの。

ジョンウと監督はインタビューに答えているのがスピーカーから聞こえてきます。
「国家代表のハ・ジョンウさんです」と紹介されるや、遠く離れていてもホ???!と大声で声掛けしましたよ。
記念撮影も行われているようです。
そしてレッドカーペットを歩き出しました。
途中大歓声が聞こえます。
ジョンウ凄い人気で、沿道の観客と握手したり、サインしたりしています。

いよいよジョンウが目の前にやってきました。
私たちは用意してきたボードやうちわを掲げながら、ジョンウにアピール。
ジョンウもこちらに近づいてくれます。
端から握手したり、サインしたり。
と、ところが私の番と思ったら、私の後ろから男性が突き出したパンフレットにサインして、
私が出したDVDにはサインせず、握手もせずに行ってしまいました。
あまりに人数が多くて、背後からせかされてしまったようです。
ショック???!

ジョンウの動きに合わせて人の波が移動します。
皆手にカメラや携帯を持って写真撮り放題じゃないですか!
レッドカーペットが始まる前は係員の方が「写真撮影は禁止です」と注意していて、カメラは仕舞っていたのに。

急いで携帯を取り出して写真を撮りました。
2010091717260000_credit.jpg

もうこの時はジョンウの手は遠く、届くものではありません。
浅草公会堂の中へ颯爽と消えていきました。

折角会えたジョンウなのに、一緒に行ったジョンウファンの中で私だけ握手もサインもしていただけず、
脚はガクガク、疲れがどっと来て、座り込んでしまいました。
仲間に慰められ、お茶しに浅草の古いケーキ屋さんへ行き、エネルギー補給。
舞台挨拶でまた会えると気を取り直しました。

6時に公会堂へ入場。
そこで遠方からやってきたジョンウファンのお友達と再会。
お話などしているとあっという間に開会式の6時半に。

いろいろなゲストが壇上に立ち、最後にキムヨンファ監督とジョンウが中央に並びました。
自作のボードとうちわを掲げて応援しました。
すると浜口さんが、
「ほら、韓国からも応援にきてくれていますよ」と私たちのほうを指差すではないですか!?
おや、間違えられた??(笑)


このニュース写真は開場前に舞台で撮影した写真ですね。
241501_200490_2046.jpg

いったんゲストたちは舞台袖へ引っ込みました。
次に国家代表の舞台挨拶です。
司会者が登場し舞台上手に立つと、再び監督とジョンウが中央にやってきました。

詳しい内容は下記のリンクをご覧ください。

最初ジョンウはかなり緊張した面持ちでした。
質問に一生懸命答えようとしているのが良くわかりました。
通訳の声が良く聞こえないのか、ジョンウがと監督がだんだん右のほうへ傾いていって、
仲良く斜めになって並んでいるのがツボでした。
次第にジョンウの表情も和んできて、客席のボードに気がついたのか、何度もこちらを見てくれました。

監督は疲れていて人力車の上で居眠りをしてしまったそうですが、
ジョンウは居眠りせずちゃんと浅草の街並みをみていた、などのお話していました。
本当は笑いをもっと取りたかったらしいのですが、あまりに皆さん真剣に話を聞いているので、
戸惑っていたみたいです。


16214004_609166654_138large_credit.jpg


司会者の質問に対して真剣なまなざしのジョンウ

trim.jpg

全身を写してみました。かっこいいでしょう!?

監督もいい男なんですよ。ちなみに独身。

(ここに写真が入るはずなのに、どうしても入りません。)




16214004_609166632_161large_credit.jpg 
16214004_609166647_65large_credit.jpg

16214004_609166628_97large_credit.jpg 
フォトセッションで笑顔のジョンウ。いとうせいこうさんと。


{リンク}


したコメニュース

cinema topics online

eiga.com

映画の森

オリコン(人力車の写真あり)



映画「国家代表」は字幕があるから、以前にソウルで見たときよりとてもわかりやすかったです(当然ですが)。
しかもディレクターズカット版なので違いを見つけるのも楽しかった。

だから感動もひとしお。
ジョンウがお母さんを想って雨の中を走りだす場面から、
涙がボロボロでて止まらなくなりました。

登場人物のそれぞれのエピソードがとても良くできていて感動します。
音楽も効果的に使われています。

この映画が成功した要因のもう一つは、スキージャンプのCGにあるのではないかと思います。
まるで自分がジャンパーになって急こう配の細い斜面を高速で滑り下りる感覚を味わえるからです。
ジャンプ台から空中に飛び立った瞬間の緊張感と解放感。

競技映像をテレビで見ていても決してわかることのできない、
競技者からの視点でスキージャンプを表現しているんです。
これは迫力ある素晴らしい映像でした。

そんな国家代表で大好きな場面を見つけてください。


国家代表!?公式HP  


  


コメントの投稿

Secre

良かったですね!ジョンウに会えて!
まさにこの日を待ってたのがブログから伝わりますよ。私もこの映画楽しみにしてます。

こんばんわっ^^

あちらで拝見しましたよ~
ほんっと良かったですね(^_-)-☆ 
読んでてもらい泣きしてしまった(;_;)/~~~
テウンにハマった初期の頃をを思い出します(おい、おい笑)

buriさんの美しい涙、見たかったじょー

>akibakoさん、
ありがとうございます。
とうとうジョンウに会えました!
喜びもひとしおです。
去年2回ソウルに行ったのに、どちらも会えず本当にがっくりしましたから。
映画はとても楽しめます。
何度でもご覧ください。
監督版にしてストーリーが分かりやすくなりました。

>midaeさん
喜んでいただけて嬉しいです。
この時は仲間の中で私一人サインももらえず、握手もしてもらえず、すごく落ち込みました。
やっぱりジョンウ運がないんだなあと。
でもその翌日、偶然(?)ジョンウに会うことが出来て感激でした。

>テウンにハマった初期の頃
そうですよねえ、テウンとツーショットが撮れた時なんて、本当に嬉しかった。
もうあんなに近くで接する機会は無くなるのかしら~?

ベルさん今晩は!
先週は私事で韓国より遠いかの地に出向いていてすっかりご無沙汰していました笑。
いや~!何だか一大感動巨編を見る思いで、国家代表記事を拝見させて頂きました笑!良かった良かった、、、何だか読みながら目頭が熱くなる思いでした笑。一途で一生懸命な思いが良く伝わって来ていたので、ベルさんの夢が叶って本当に良かったと心から思います。夢の力を見せて貰いました。
 私も最近ダウン気味のDreamPowerを補給させて貰いました!良い写真も沢山撮れて良かった良かった笑♪お陰様で、素敵なジョンウファミリーにも出会えて貴重な思い出が出来ました。チングとして本当に嬉しいです!!チョンマヨロカジカムサンミダ!クリグ、ノムノムチュッカエヨ!!^0^

>Limeさん、遅くなってごめんなさい。
先日は遠いところわざわざジョンウの応援に駆けつけて下さりありがとうございました。
その後は頑張って鳥取まで!
お疲れさまです。
努力が実って良かったですね♪
やっぱり強く願って行動すれば、願いがかなうものなのですね。
私もあきらめず頑張って、レッドカーペットの翌日、ついに夢がかないました。
この喜びが今後の元気の素になります。
お互いこれからも楽しんで行きましょうね!

No title

いい男ですよね~~ハジョンウ氏。 

「チェイサー」みましたもん  韓国人てこわ~とおもいました。でもそれってハジョンウがほんとに普通にいそうな人を演じててそれが真に迫ってたからなんだと思います。

握手はざんねんですが、きっとまた会えますから。
顔は見てくれたでしょう~~

しあわせ~~~時間をすごされたのですね。
レポートでつたわりました。

>zhudeさん

わ~「チェイサー」を観て下さったのですね!
ありがとうございます。

本当に怖い映画なので、誰にでもお勧めできるわけではないのですが、ジョンウの演技良いでしょ!?
前髪下ろして眼鏡かけてねずみ色スーツ着てたら本当にどこにでもいる普通のサラリーマンですもん。白パンはいてるし。
あ~思い出すとまた怖いです。

今年12月公開の「黄海」もナ・ホンジン監督、キム・ユンソクさんとの映画なんですよ。
これも早く見たいですね。

できなかった握手の件ですが、
実は上記の翌日、都内某所で幸運にも会えて、
握手とサインしていただき、写真も一緒に撮ることができました。
天にも昇る心地だったのは言うまでもありません。
願えば通じるんですね。
ありがとう、ジョンウv-238
プロフィール

ベル

Author:ベル
オム・テウン、ハ・ジョンウ、SS501を強力に応援中。
もちろん、キム・スンウ、ヒョンビン、イムジュファン、ぺヨンジュンも好きよ♪


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。